2013年8月7日水曜日

Googleスプレッドシートを軽量なクラウドデータベースとして使う手法

2007年ごろ、セールスフォース・ドットコム社に勤務していたころ、お客様にSalseforceをご提案・導入支援する際に言われたことは、こういうことが多かったです。
「営業案件の情報を、『1件づつ1画面で情報を入力・更新して保存する』というのは、めんどうくさい。50件とか担当している案件を更新するとすると、すっごく時間がかかる。
表計算ソフトのように、1画面でたくさんの案件を登録する方法はないの?」
確かに、お客様のおっしゃることは良くわかりました。

この経験があったので、今回ご紹介する方法に気づいたのかもしれません。

ウェブエンジニアの中では知っている方は多いのですが、Googleスプレッドシートのデータは、人間がアクセスする以外に、コンピュータがアクセス可能です。(APIがあるということです。)

ご紹介するために、商店街ウェブサイトでの活用例を作ってみました。

商店街は、商店街に加盟している商店や飲食店から、会費を徴収しています。
加盟店を管理するために、加盟店リストを作成しているのですが、このリストをEXCELでなく、Googleスプレッドシートで管理すると、加盟店の管理のみならず、ウェブの加盟店ページも更新できます。

まず、Googleスプレッドシートに、店舗情報を登録し、ウェブ公開します。


そのスプレッドシートに、APIを利用して、データを取得し、ウェブページに表示します。
こんなページをサンプルで作ってみました。


店舗のカテゴリで、絞込みもできます。


店舗の詳細情報は、こんな感じに表現してみました。


別のページで、地域のイベント情報のサンプルページも作ってみました。

もちろん、こちらもGoogleスプレッドシートをクラウドデータベース的に使う方法です。



このサンプル商店街ページはこちらです。
※「店舗リスト」と「イベント」のメニューのみ、サンプルが表示されます。


今回は、商店街での店舗紹介ページを例にとりましたが、多店舗展開している企業様の店舗紹介ページももちろん作成できます。
もしご興味がおありであれば、お気軽にお問い合わせください。





以前、カンファレンスで発表した際のプレゼンテーションシートはこちらです。

2 件のコメント:

  1. Play with €100 BET365 Bonus Code - Viecasino
    Use the BET365 code BET365 to sign 바카라 up ボンズ カジノ with new customers at Bet365 Casino bet365 and get a free £10 no deposit bonus for new players.

    返信削除
  2. There are a restricted variety of promotions out there here at first look, but there are nonetheless some pretty first rate crypto bonuses available. The whole assortment may be filtered for ease of searching by supplier, theme, and paylines. That's a top quality|a excessive quality} characteristic for any player who needs to try one thing new, or perhaps sm카지노 minimal of|no much less than} discover one thing much like what they know they like.

    返信削除